にんじゃなんじゃ?

2019ゲムマ秋にかろうじて間に合わせた新作「にんじゃなんじゃ?」になります。


ゲームの概要


このゲームは相手の札の中から、忍者をかくまっているプレイヤーは巻物を探し忍者以外のプレイヤーは忍者を見つけて勝利点を獲得していくゲームです。

どこに忍者がいるかわかりません。もしかしたら、あなたが忍者をかくまっているかも

しれません。

準備


勝利点札を配り、勝利点駒も配ります。


そして、役割札を配ります。

忍者札×1 巻物札×1 何もない札×残りの遊ぶ人数分 

そのあと人数に合わせた枚数の札を配ります。

最大5人まで遊べますので5人の時は3人は何もない札になります。


小判チップを、配られた札に描かれている小判の数だけ受け取ります。

描かれている小判が2枚より満たない場合は小判チップを2枚受け取ります。


配られた札を好きな順番に自分の前に裏向きに並べます。

並んでいる順番は大事なのでちゃんと確認しましょう。


目の前に並んだ札は、皆さんのお屋敷になります。


これで準備は終了です。

それではゲームが始まります。



ゲームの進め方


1番小判チップが1番少ない人から手番が始まります。

同じ場合はじゃんけんなどで決めてください。


忍者札か巻物札が表になるか、何もない人の手札が全て表になるまでを

「試合」

と、呼びます。誰かが勝利点を6点以上取るまで何試合かくり返します。




手番の人は、他の人の札を1枚選び、ここが怪しいと宣言します。



「ここ、にんじゃなんじゃ?」


この時、任意の枚数の枚数の小判を怪しいと思う札の前に

置くことができます。


「しばし待たれよ!」


当てられた人はその札を表にするか、袖の下として小判を渡すことができます。

袖の下を渡すと、札を入れ替えてから表にすることができます。


袖の下として渡す小判は、札の前に置かれた小判より1枚多い枚数です。

置かれていない時は小判1枚です。


表にされた札に効果があれば、効果が発動します。

手番を左隣の人に渡し、試合が終了までくり返します。

「ここ、にんじゃなんじゃ?」


「にゃ~」

うっかり小坊主や、姫様などいろいろなキャラクターが出てきます。


そのキャラクターたちは特殊能力を持っています。能力は良いこともあれば


どうしょうもないこともあります。


ちなみに、猫は猫です。



ゲームマーケット価格1000円